イギリスから届いた荷物

今日、宅配便で海外から荷物が届きました。

銃関係の部品は通関するときに手間がかかります。

届いたのは、エアライフルのペレット、7缶、3,500発です。

まずは、JSB Diaboloを5缶買いました。これはFXやDaystateにもOEMで出している一般的な狩猟用のペレットです。

普通は、直径4,52mmなのですが、今回購入したのは直径4.53mmです。たった0.01mmの違いですが、自分の所持しているシャープ社製エースハンターとの相性が良いので、見つけたらまとめ買いをしています。

つぎに、JSB Match Diabolo Light Weight です。これは弾頭の先端が平らになっていて、紙を撃ち抜くと綺麗に丸く穴が開きます。空気抵抗が大きいので、射程距離10mの射撃用ですね。
重量が軽いので、いつも使っている射撃用のペレットと撃ち比べてみたいと思います。

次は、JSB EXPRESS Diaboloです。これは最初に紹介したJSB Diaboloより重量が少し軽いです。これも撃ち比べるのに買ってみました。

そのほかに、射友からいただいた

JSB HEAVY Diaboloも持っています。これは逆に若干重いペレットです。これも撃ち比べてみます。

他に持っているのは

H&N Baracuda Match extra heavy

RWS SUPER FIELD

FX

ジェット弾

です。
狩猟用エアライフルはペレットが安いし種類がたくさんあるので、いろいろ試せます。

出来れば、屋内の50m射場がある千葉県射撃場に行ってみたいです。


コメント

  1. kent より:

    私も銃も含めてほとんど輸入します。日本で買うと高いのですが、最近は為替の影響で妙味が薄れてきていますね。円安とポンド高で。
    輸入許可申請をされたのですね。発送方法でいわゆる、簡易書留にすると普通郵便を選択するより税関で止められる確率が高いです。 ブログ友が海外の業者から輸入した弾が未着(後日判明したのですが実は未着でなく、何を間違ったか船便で送付の為6ヶ月以上後到着)でしたので書留で送るように依頼したら税関で足止めをくいました。銃の部品や弾を10数回輸入して初めてです。
    日本製の銃は海外製と比べて口径がタイトに仕上がっていると言われているのでRWSなどは命中精度が出るのですが、英国製銃で5.5mmのRWSを使いましたが、私だけでなく使い物にならない評価になっています。 JSBのディアボロは銃の製造国、口径を問わず優れた弾ですね。メイン弾になっています。

  2. Tasigi より:

    僕のBSAもzekeさんに貰った4.53が一番良かったですよ~
    http://blogs.yahoo.co.jp/naturalis610/34279721.html

  3. zeke より:

    KENTさん、自分は目をつけられているのか、2回に1度は税関で止まってしまうので、通関手続きを行います。
    鉛弾は重いので、商品価格と同じぐらい、送料がかかってしまいます。おっしゃるとおりポンド高もあって、国内で買うのとあまり違わないかも。

  4. 鉄砲夢物語 より:

    いつも私の拙いブログにご訪問いただき、ありがとうございます。
    今後とも宜しくお願いいたします。

  5. zeke より:

    tasigiさん、競技用の4.5mmペレットは4.48,4.49,4.50と選ぶことが出来ますが、狩猟用ペレットは4.53mmを指定して買えるところは少ないですね。

  6. zeke より:

    鉄砲夢物語さん、コメントありがとうございます。射撃はそろそろ10年目ですが、狩猟の方は去年はじめたばかりなので参考にさせていただいています。こちらこそ、よろしくお願いします。