CentOS8で構築する自宅サーバ:パッケージのアップデート&管理とコマンドなどのインストール

CentOS8からパッケージの管理はyumからdnfに変わりました。基本的な使い方は変わりませんが、ここでは、dnfでアップデートする方法やコマンドなどのインストールについて書いておきます。

パッケージのアップデート

以下のコマンドで、インストールされているパッケージをアップデートします。

[root@ace ~]# dnf update
Extra Packages for Enterprise Linux 8 - x86_64  1.6 MB/s | 5.8 MB     00:03
メタデータの期限切れの最終確認: 0:00:02 時間前の 2020年02月16日 22時16分09秒 に 実施しました。
依存関係が解決しました。
================================================================================
 パッケージ             Arch     バージョン                      Repo     サイズ
================================================================================
インストール:
 kernel                 x86_64   4.18.0-147.5.1.el8_1            BaseOS   1.5 M
 kernel-core            x86_64   4.18.0-147.5.1.el8_1            BaseOS    25 M
 kernel-modules         x86_64   4.18.0-147.5.1.el8_1            BaseOS    22 M
アップグレード:
 ca-certificates        noarch   2019.2.32-80.0.el8_1            BaseOS   408 k
 dnf                    noarch   4.2.7-7.el8_1                   BaseOS   490 k
 dnf-data               noarch   4.2.7-7.el8_1                   BaseOS   139 k
 dracut                 x86_64   049-27.git20190906.el8_1.1      BaseOS   364 k
 dracut-config-rescue   x86_64   049-27.git20190906.el8_1.1      BaseOS    53 k
:
省略
:
  tuned-2.12.0-3.el8_1.1.noarch
  yum-4.2.7-7.el8_1.noarch
  epel-release-8-8.el8.noarch

インストール済み:
  kernel-4.18.0-147.5.1.el8_1.x86_64
  kernel-core-4.18.0-147.5.1.el8_1.x86_64
  kernel-modules-4.18.0-147.5.1.el8_1.x86_64
  grub2-tools-efi-1:2.02-78.el8_1.1.x86_64

完了しました!
[root@ace ~]#
[root@ace ~]#
[root@ace ~]# shutdown -r now

アップデートされたパッケージがあったら、再起動しています。特に、カーネルがアップデートされたら必須です。

古いカーネルを削除する

新しいカーネルがインストールされると、古いものは残ったままになります。

一度再起動して、正常に立ち上がったら、古いカーネルは必要ありません。

そこで、

# dnf remove $(dnf repoquery --installonly --latest-limit=-1 -q)

で削除します。

[root@ace ~]# dnf repoquery --installonly --latest-limit=-1
kernel-0:4.18.0-147.el8.x86_64
kernel-core-0:4.18.0-147.el8.x86_64
kernel-modules-0:4.18.0-147.el8.x86_64
[root@ace ~]#
[root@ace ~]#
[root@ace ~]# dnf remove $(dnf repoquery --installonly --latest-limit=-1 -q)
依存関係が解決しました。
================================================================================
 パッケージ           Arch         バージョン             リポジトリー    サイズ
================================================================================
削除中:
 kernel               x86_64       4.18.0-147.el8         @anaconda         0
 kernel-core          x86_64       4.18.0-147.el8         @anaconda        58 M
 kernel-modules       x86_64       4.18.0-147.el8         @anaconda        20 M

トランザクションの概要
================================================================================
削除  3 パッケージ

解放された容量: 78 M
これでよろしいですか? [y/N]: y
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
  準備             :                                                        1/1
  削除             : kernel-4.18.0-147.el8.x86_64                           1/3
  scriptletの実行中: kernel-4.18.0-147.el8.x86_64                           1/3
  削除             : kernel-modules-4.18.0-147.el8.x86_64                   2/3
  scriptletの実行中: kernel-modules-4.18.0-147.el8.x86_64                   2/3
  scriptletの実行中: kernel-core-4.18.0-147.el8.x86_64                      3/3
  削除             : kernel-core-4.18.0-147.el8.x86_64                      3/3
  scriptletの実行中: kernel-core-4.18.0-147.el8.x86_64                      3/3
  検証             : kernel-4.18.0-147.el8.x86_64                           1/3
  検証             : kernel-core-4.18.0-147.el8.x86_64                      2/3
  検証             : kernel-modules-4.18.0-147.el8.x86_64                   3/3

削除しました:
  kernel-4.18.0-147.el8.x86_64             kernel-core-4.18.0-147.el8.x86_64
  kernel-modules-4.18.0-147.el8.x86_64

完了しました!
[root@ace ~]#

コマンドなどをインストールする

以下のように必要なコマンドをインストールします。

[root@ace ~]# dnf install telnet ftp wget radvd tcpdump tar epel-release
メタデータの期限切れの最終確認: 0:50:07 時間前の 2020年02月16日 21時09分00秒 に 実施しました。
依存関係が解決しました。
================================================================================
 パッケージ         Arch         バージョン               リポジトリー    サイズ
================================================================================
インストール:
 ftp                x86_64       0.17-78.el8              AppStream        70 k
 radvd              x86_64       2.17-12.el8              AppStream       104 k
 tcpdump            x86_64       14:4.9.2-5.el8           AppStream       477 k
 telnet             x86_64       1:0.17-73.el8            AppStream        72 k
 wget               x86_64       1.19.5-8.el8_1.1         AppStream       735 k
 tar                x86_64       2:1.30-4.el8             BaseOS          838 k
 epel-release       noarch       8-5.el8                  extras           22 k

トランザクションの概要
================================================================================
インストール  7 パッケージ

ダウンロードサイズの合計: 2.3 M
インストール済みのサイズ: 7.5 M
これでよろしいですか? [y/N]: y
パッケージのダウンロード:
:
省略
:
インストール済み:
  ftp-0.17-78.el8.x86_64                  radvd-2.17-12.el8.x86_64
  tcpdump-14:4.9.2-5.el8.x86_64           telnet-1:0.17-73.el8.x86_64
  wget-1.19.5-8.el8_1.1.x86_64            tar-2:1.30-4.el8.x86_64
  epel-release-8-5.el8.noarch

完了しました!
[root@ace ~]#

今回インストールしたパッケージは以下のものです。

  • telnet: telnetクライアント。telnetサーバはありませんが、httpやsmtp、popなどでしゃべるときに使います。
  • ftp: ftpサーバを立てた時の確認用。ふつーはscpを使います。
  • wget: インターネットからファイルをコピーする時に使います。
  • radvd: このパッケージに入っているradvdumpでIPv6のルータ広告を確認します。
  • tcpdump: ネットワーク上のパケットを確認する時使います。
  • tar: 圧縮ファイルを展開する時使います。
  • epel-release: EPELリポジトリを追加します。(まだちゃんと調べてないけど、きっと使います)

Kindle Unlimited入会で無料で読めます!

コメント