クレー射撃の初撃ちと初猟

1月3日は地元銃砲店主催のクレー射撃の初撃ち練習会に参加してきました。
 
今回の銃はミロク製サイドプレートスペシャルという上下二連の散弾銃です。
12番の大きさの散弾実包を2発装填します。
 
15m前の地面からクレーが飛び出してくるので、それを狙って撃ちます。
この日来たニッコー射撃場は、射面が広くクレーがよく見えて撃ちやすいです。
でも、成績には反映されず、1R目は25枚中20枚、2R目は25枚中17枚しか当たりませんでした。
今回は練習なので2Rで切り上げます。
 
クラブハウスの解体はほとんど済んでいました。階段の位置が変わっていたので、鉄骨と屋根はこのまま利用するみたいです。
出来上がるのは2月ぐらいかな?
 
午後からは、射友と空気銃での猟に行ってきました。
田んぼの間を自動車で廻って、雉やキジバトを探します。
飛んでいる鳥なら見つけられますが、田んぼの上を歩いている鳥はなかなか見つけられません。
 
結局、キジバトを3回、雉を1回、撃ってみましたが、見事に外れました。
 
今回は射友と自動車に乗って、ゆっくり走りながら、鳥を探しました。
獲物を見つけたら、車から銃を取り出して射撃体勢に入ります。一連の動作はオートバイに比べてずっと楽に出来ました。
今度来るときは車にしよう。
 
今回は獲物との出会いがあったこと、特に野生の雉は今まで1度しか見たことがなかったので、感激しました。

コメント

  1. 天空アリス より:

    過去歴含めて、見させていただきました
    いろいろやってますねぇw
    当方は昨年、25年の銃所持にピリオドうちました
    条件が許せばもう少し持っていたかったのですが、更新が他県で出来ず、失効前に友人にあげてしまいましたw
    狩猟免許は来年まであるのですが、これも、他県で出来ないようならそのまま失効かなぁ、と思ってます。
    銃砲所持者には厳しい風潮になってしまいましたが、がんばって続けてくださいねぇ~♪

  2. zeke より:

    天空アリスさん、コメントありがとうございます。
    銃も運転免許と同じように他県更新が出来ればよかったですね。
    銃所持の手続きが面倒になってめげそうになりますが、興味の続く限り撃っていきたいと思います。