Google AdSense 「無効なトラフィックの問題」の対処方法

2021年2月15日、Google様から「お客様の AdSense アカウントでの広告配信を制限しました」というタイトルのメールが届きました。

「先日、お客様の AdSense アカウントで無効なトラフィックが検出されました。Google ではこの事態を受け、お客様のアカウントでの広告配信を制限いたしました。」だそうです。

今回は、「無効なトラフィックの問題」の対応を書いています。

Google様からのメールの内容

まずは、Google様から届いたメールを引用します。

この措置が取られた理由
お客様のアカウントにおいて、不正に広告収益をあげる目的と思われる無効なトラフィックが検出されました。ご存知のように、無効なトラフィックは AdSense プログラム ポリシーで固く禁止されています。Google 広告は純粋な興味を抱いたユーザーによってクリックされるものでなければならず、他のユーザーに広告のクリックを依頼することは禁止されています。こうした禁止事項には、サイトのサポートをユーザーに依頼する行為、広告を表示したユーザーに報酬を提供する行為、そうした行為を行う第三者に対して資金提供を約束する行為などが含まれます。さらに、自分の広告をクリックする行為、自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボットといった不正な行為を行うソフトウェアを使用することも禁止されています。
不正と判断された行為について詳しい情報をご希望の場合も、そうした情報が Google 独自の検出システムを迂回する目的で使われる可能性があるため、無効な操作に関わった可能性があるユーザーの情報を含め、具体的なアカウント アクティビティに関する情報をサイト運営者様に提供することはできませんのでご了承ください。
なお、今後お客様のアカウントで AdSense プログラム ポリシーの違反が確認された場合、さらなる強制措置が取られるか、アカウントが永久的に無効となることがあります。」

と、いつものように個別の原因について何も書かれていませんね。続いて、

対処方法
現在のところ、お客様のアカウントへのアクセスは制限されておりませんので、アカウント単位のこの問題につきましてはポリシー センターで詳細をご確認いただけます。通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もあります。お客様の広告トラフィックが AdSense プログラム ポリシーに準拠するよう、お早めのご対応をおすすめいたします。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。」

とりあえず、Adsenseアカウントはまだ使えるようなので、何が原因なのか調べてみましょう。

「無効なトラフィックの問題」の原因調査

まずは、メールの内容にあるように、不正にAdsense広告がクリックされたことが原因のようです。

自分でクリックした覚えはないので、他の誰かが広告をたくさんクリックしているのかもしれません。

それを確認します。

Google Adsenseの画面から左ペインの「レポート」をクリック、「内訳」に「日付」を選択、統計情報に「クリック数」を選択します。期間はAdsenseを開始した3ヶ月前から、今日までです。

上のグラフを見てわかるとおり、開始してから今まで、1日0~4クリックで突出してたくさんクリックされた日はありませんでした。

これで、Adsenseを不正に利用されていないことがわかりました。

「無効なトラフィックの問題」の対処

不正にAdsense広告をクリックされていないため、それに合わせて対処を実施しました。

  1. Adsenseコードを取り除く
    Adsenseの管理画面では「表示できる広告の数が制限されています。…」と書かれていて、Adsense広告が表示されません。
    それではAdsenseコードを入れておく意味がないし、AdsenseのJavaScriptは重くてページの表示に時間がかかるので、広告が再表示されるまで取り除いておきます。
  2. Google様に連絡する
    不正にAdsense広告をクリックされた場合、それをGoogle様に連絡するための「無効なクリックの連絡フォーム」があります。
    本来なら、不正利用者を調べて告発するために使いますが、今回はだれも不正行為をしていないため、「無効なトラフィックの問題の指摘を受けましたが、開始してから今まで、1日0~4クリックで突出してたくさんクリックされた日はありません。だれも不正クリックはしていないようです。」と書いて提出しておきました。
    連絡しても返事は来ないと思うので、読まれているかどうかはわかりませんが。

以上がこれまでに取った対策です。

「無効なトラフィックの問題」は解消されたのか?

2021年2月18日現在、まだ解消されていません。

今後、進展があったらこに追記していきます。

※2021年2月22日追記

「無効なトラフィックの問題」は解消されたようです。

Adsenseの管理画面に「表示できる広告の数が制限されています。…」という警告が出なくなり、アカウント→ポリシー センターでも「問題は検出されませんでした」と表示されるようになりました。

2月22日のレポートを見ると、

Adsenseのコードを取り除いているため、一般の人はAdsense広告を表示できないはずなのに、2回表示されている記録がありました。

これは、Google様が何かをチェックしたのでしょうね。

Adsenseの今後の方針

何が原因で制限をかけられたのか、どうして制限を解除されたのか不明なままですが、Adsenseの広告表示を再開したいと思います。

ただし、また制限をかけられたときのために、広告がなくても不自然にならないように、自動化に任せて広告ユニットは使わないようにしたいと思います。

関連コンテンツの広告ユニットは良かったのですが、なくなったときの修正が面倒です。

収益が少ないのに、今回のような制限をかけられてはたまりません。

今後はAdsenseの収益に期待せず、制限をかけられたらそのまま放置ということにしようと思います。

お勧めのKindle本です!

コメント