経験者講習とドイツから購入品到着

この前の金曜日は、猟銃の経験者講習がありました。
これは、銃の更新を行うために3年に一度、受講しなければなりません。
 
今回の講習会は越谷市中央市民会館です。
豪華な建物です。
 
講習会は1階のホールで行っていました。
 
毎回このテキストをもらって講義を受けます。
 
結構、改訂されています。銃刀法は良く変わるので、それにあわせてテキストも改訂されています。
3時間ほど講義を受けて帰宅です。夜勤明けにはちょっとつらかったです。
 
土曜日には、ドイツから荷物が届きました。
ISSF(国際射撃連盟)から、購入した商品が届きました。
 
何を買ったかというと
ウエアに取り付けるマーカーテープです。
 
それと
今年出たルールブックです。無料でPDF版を入手できますが、10ユーロだったのでついでに買ってしまいました。日本では、ライフル競技とクレー競技で別れていますが、ISSFでは一緒になっています。そのため日本語訳されたランニングターゲットのルールブックでは、ライフル競技と共通部分が抜けているため不十分なのです。
 
今年から競技に必要になった、セイフティフラッグです。
黄色いケーブルを、銃身の中に差しておき、弾が入っていないことを明示するためのものです。
 
マーカーテープを、この前買った射撃コートに縫い付けました。
待機姿勢のとき銃床がこの線より下にないといけません。
 
以前使っていた、射撃ベストのマーカーテープがほつれていたので交換します。
こっちは、これからはスラッグ専用ですね。
 
日曜日はクレー射撃大会です。

コメント