江戸川体育館でエアライフルの練習

先日の土曜日(6月21日)江戸川体育館にエアライフルの練習をしに行ってきました。
この日は、いつも使っているランニングターゲット用競技銃と狩猟用4.5mm口径の空気銃の2挺を車に積んで出かけました。
午前中、ランニングターゲットの練習をした後、午後に狩猟用空気銃を持ち込みました。

シャープ製エースハンター口径4.5mm。北海道の近江屋さんでカスタマイズしてもらった空気銃です。

前週のスラッグ射撃の立射でフリンチング(反動を恐れて引き金を引くときに意に反して体が動くこと)がひどかったので、これで立射の練習です。

まずは銃を台の上に置いてスコープの調整です。10mで焦点の合うスコープは少ないので、おもちゃのスコープを乗せています。反動が無いから壊れないし、50mでも狙ったところに当たるので、おもちゃで十分かな。

次に立射の練習です。50発ぐらい撃ってみましたが、フリンチングは出ないようです。

フリンチング克服はスラッグ弾を撃って慣れないとだめなようです。

コメント

  1. kent より:

    私もシャープのビクトリーで標的射撃、狩猟免許取得後はFX2000と銃は変わりましたがコープはオークション新品で6000円台のものを使い続けました。良く中りましたが、銃を倒したときウインデージのブがすっとんでしまいました。

  2. zeke より:

    KENTさん、スコープは残念でしたね。10mで焦点の合うスコープは、実銃用では少ないので、おもちゃ用を探してしまいます。

  3. kent より:

    狩猟用としては使えるスコープはおもちゃでも探すのは大変でしょうね。 近距離での捕獲チャンスの確率ですね。私はキジを2-3回半矢で捕獲できなかったので、死んだ振りをして逃げられたことが悔しくて日中50mくらいでも照射できるグリーンレーザーを搭載しています。 今まではレッドレーザーを搭載していましたが薄暗いところはOKですが、明るいところでは見えなくて使えませんでした。
    http://blogs.yahoo.co.jp/kent3kjp/47543843.html
    今度の猟期でどの距離にあわせるか検討します。

  4. zeke より:

    KENTさん、近距離でレザーポインターを使うのは良いですね。参考にさせていただきます。