弾のリロード

次の土曜日、長瀞射撃場で動的の練習会があるということで、準備を行いました。

スラッグ弾の作成です。

1.使い古しの薬莢から、雷管を抜いて、新しい雷管に入れ替えます。

2.火薬を測って、薬莢に注ぎ込みます。

今回は、火薬をいつもより多めに使うことにしたので、1発ずつ測ります。
慣れれば0.1グレイン(0.006グラム)単位でも、木匙で調整できます。

3.ワッズや弾頭を詰めてから、薬莢の口を閉じます。

今回は50発作りました。

長瀞射撃場は50mレンジで空気銃を使えないので今まで利用したことがありません。
初めてなので楽しみです。

コメント

  1. ジャガお より:

    38grは 入れましたね~!
    グルーピングはどーでしたか?
    AAのハルだと高さ調整しないと 口が閉じないですね
    ボクもAAのハルで色々試しましたが
    上手くいかなくて止めました
    4756が無くなったら ワッヅ変えながらまた試してみます

  2. zeke より:

    > ジャガおさん
    Lyman 525gr弾頭にIMR4756を38gr詰めました!サイト合わせが出来たので、グルーピングは悪くなかったと思います。まだ火薬は残っているのでさらに検証してみます。ただ反動が強すぎて、ランニングターゲットではまともに当たりませんでした。