狩猟用空気銃大会と弾頭作成

ちょっと間があいてしまいましたが、7月16日土曜日は、笠間射撃場(正式名は茨城県狩猟者研修センター射撃場)で、狩猟用空気銃の射撃大会があったので、参加してきました。

射友の個人的なお友達同士の大会なので、賞品は各自持ち寄りです。
自分は、個人輸入したはいいけど、使い道がなかった狩猟用品を出品しました。
競技は50m 座射 30発です。
自分の得物はシャープ製エースハンター口径4.5mmです。これを8回ポンプして50m先の的を狙います。
8回ポンプの30発連射で時間制限ありは体力的にきつかったです。
なれない座射ということもあって、結果は散々でした。
同じエースハンターを使っていた方は、良い成績を出していたので、銃のせいではありませんね。

その後、50mランニングターゲット10発を撃ちました。
50mはスラッグ銃で撃ったことはありますが、空気銃では初めてです。
結果はスラグのときよりは良かったです。反動がないので、フリンチングが出なかったのかも。

自分の賞品は、会津の日本酒と眉唾銃砲店のTシャツでした。
当日は朝早く、とても眠かったので、高速道路の友部SAで一眠りして帰りました。

翌日曜日、腰が痛かったので、外出せず、取り溜めていたアニメを見てすごしました。
今期は「NEW GAME!」、「ベルセルク」「この美術部には問題がある!」「斉木楠雄のΨ難」「ReLIFE」「天鏡のアルデラミン」あたりを見ています。

7月18日月曜日、やっぱり腰が痛いので外出を控えて、弾頭を作ることにしました。
今回は、地元の銃砲店から古い散弾をいただいたので、それを溶かします。

電気炉に入れて1時間、普段は30分ぐらいで溶けるのに、まだ散弾が残っています。
おかしいなと思っていたら、鉄の散弾混じっていて、液体の鉛の上にぷかぷかと浮いていました。

表面の鉄散弾やくずを取り除き、弾頭の鋳造開始です。
この日は天気が良く気温も高いので、むちゃくちゃ暑かったです。
熱中症にならないよう、こまめに休憩+水分補給を取ります。

夕方までに170個ほど出来ました。

大汗をかいたので、近所の日帰り温泉で汗を名場しました。

コメント

  1. kent より:

    やってみたいですね。いつも行っている荒川総合スポーツセンターの10m射場にはペール缶が2缶残弾を入れるようになっています。もらえば使えますね。ただし、使用するには事前登録が必要です。

  2. Tasigi より:

    射撃会お疲れ様でした~

  3. zeke より:

    > kentさん
    エアライフルの弾は純鉛っぽくやわらかいので、ちょっとアンチモンを混ぜたいですね。自分は以前、ニッコー射撃場で散弾を溶かしたインゴットを安く譲ってもらいました。

  4. zeke より:

    > Tasigiさん
    射撃会おつかれさまでした。とても楽しめました。ありがとうございます。

  5. kent より:

    > zekeさん
    以前に鉛玉の成分を調べたことがありますが、そのサイトは見つけられませんでした、7-8種類の物質を混ぜていました。銃身内が黒くなる潤滑性のためのグラファイトなども入っていました。だから掃除すると黒くなるのですね。
    荒川総合スポーツセンターは業者に引き取らせていると思いますので、只でもらえるのではと。近々スコープの仮設定に参りますので聞いてみます。