北杜→富士山経由→鎌倉ツーリング スーパーカブ聖地巡礼

オートバイツーリング聖地巡礼

5月29日土曜日~30日日曜日に自宅の埼玉から山梨、神奈川へとソロツーリングに行ってきました。

今回の目的は、アニメ「スーパーカブ」6話で主人公がスーパーカブで走ったルートをたどるためです。

アニメの中で通ったルートはこちら

北杜市を出発

朝5時前に埼玉の自宅を出発し、午前9時過ぎに北杜市の日野春駅に到着しました!

駅には「スーパーカブ」のポスターも掲示されていました。

アニメと同様に、ここから鎌倉へ出発です。

まずは、日野春駅近くのガソリンスタンドで燃料補給です。

ガソリンスタンドの店員さんに「写真を撮らせてください」と言ったところ、アニメで出てきたことをご存知でした。

富士山に向かって走る

国道20号線→国道137号線→国道138号線を通って、富士山へ向かいます。

アニメで出てきたシーンを撮影するために、交通の邪魔にならないところにバイクを停めて安全を確認するのは神経を使います。

道の駅 すばしりから富士山五合目へ

道の駅 すばしりに到着、ちょっと休憩です。

ここらから、ふじあざみラインを登ります。

アニメのとおり、スーパーカブ110プロでも、1速に落とさないと登れないほどの坂もあました。

途中、スーパーカブ50が停まっていたけど、あれは熱だれで走れなくなったのかな?

五合目に到着!

富士山五合目に到着です。

曇りでしたが、富士山も何とか見れて良かったです。

山荘 菊屋さんで、きのこ蕎麦をいただきました!

いろいろな、きのこが入っていて、それぞれ変わった味を楽しめて美味しかったです。

お店の人から、主人公の声を当てている夜道雪さんが来られたこと、「この位置から撮ったところがアニメで出てきたよ!」と教えていただきました。

また、5話で出ていたブルドーザー道を探してみたのですが、良くわかりませんでした。アニメで出てきたところは、別の場所だったのかなぁ。

また再チャレンジする必要がありますね。

箱根を越えて

富士山を下山して、国道138号線→国道1号線で箱根を越えました。

箱根は観光地なので渋滞していることも多いですが、この日はスイスイと移動できてラッキーでした。

ちなみに、箱根には国道1号線以外に、箱根新道(国道1号バイパス)、県道732号線がありますがともに原付二種では走れないので、よく国道1号線の渋滞に巻き込まれてしまいます。

湘南弾丸道路

国道1号線から国道134号線に入ります。

おしゃれな住宅は海岸沿いの町らしいです。

国道134号線の「湘南弾丸道路」を走ってきましたが、江ノ島から帰る観光客の渋滞でまったく「弾丸」ではありませんでした。

主人公の小熊ちゃんが着いた海岸は七里ヶ浜ですね。

こちらの駐車場へは、渋滞を防ぐために右折で入れないようになっていました。

実際には海岸を過ぎてからUターンして駐車場に入り、駐車場を出てからUターンして鎌倉へ向かうことになるのでしょうね。

また、鎌倉高校前駅は、問題となった礼子ちゃんとの二人乗りで通ったところでもありますね。

鎌倉の旅館に到着

何とか日があるうちに、鶴岡八幡宮を経由して、アニメで出てきた旅館に到着です。

実際には、旅館は鶴岡八幡宮の手前にあります。

「アニメの世界では旅館は八幡宮より先にあるのでは?」と考えたのですが、

このシーンの鎌倉分華館前です。この方向に走ると八幡宮の鳥居前に出るので、どこかでUターンしたようです。

スマホを持っていなく大雑把な地図しかない、小熊ちゃんは迷っていたのかもしれませんね。

ゲストハウス 亀時間に到着

今回自分が泊まったところは、鎌倉の材木座にあるゲストハウス亀時間です。

味のある古民家で、宿泊料金はドミトリーで1泊3500円でした。

ドミトリーといっても仕切りのついたベッドなので、コロナの心配もありませんでした。

夕食を買うついでに、近くの銭湯 清水湯にも行ってきました。

古い鎌倉の町に似合う昭和の銭湯です。

もちろん風呂桶は「ケロリン」でしたよ!

ケロリン桶 関東版 00350
ハインツコーポレーション(Hynts)
¥1,930(2021/06/03 00:31時点)
サイズ:約直径225×117mm

夕食食べて、ベッドに入ったら疲れていたのか爆睡してしまいました。

翌日の鎌倉聖地巡礼

翌朝、ゲストハウスの朝食をいただきました。

パンと卵とサラダとかぼちゃスープを美味しくいただきました。

礼子ちゃんが修学旅行で見学していた鎌倉大仏、とスーパーカブで二人乗りしてやってきた朝比奈峠のバス停を見に行きました。

朝9時前だったため、鎌倉大仏をゆっくりと見学できました。

小学生ぐらいのときに修学旅行で来たはずですが、覚えがありません。

新鮮な気持ちで見学できました。

その後、帰宅し、お昼に自宅に無事到着です。

コメント