銀銃の対応のその後とエアライフルの練習

2月17日の日記で銀座銃砲さんから、まだエアライフル ステイヤーLG110 左用のグリップが届いていないことを書きました。
さすがに「銀銃さんの手違いで右用のエアライフルを入荷したのに、左用グリップの入荷に6ヶ月もかかるのは遅すぎる」と文句を言いました。
そう連絡したのが2月4日。そのとき銀銃の店長さんは「当方のミスが原因なので、今回だけ特別に至急発注します」とおっしゃられました。
で、2週間後の2月18日に「入荷しました」の連絡がありました。やれば出来るじゃん。

この前の土曜日(2月26日)にエアライフルの練習をしに、江戸川体育館へ行ってきました。

早速、新しいグリップを取り付けてみます。

先輩からいただいた自作グリップに比べて、細身なのでしっかり握れます。
そのまま、300発ほど練習です。

グリップのせいではありませんが、なかなか上達しません。
特に、ミスっていまだに0点とか撃ってしまいます。

最近、標的を掲載していませんでしたたが、今回は戒めのためにあげておきます。

当面の目標は、全弾黒丸の中に入ることです。

あと、この日は狩猟用のエアライフル エースハンターも持ち込んでサイト合わせを行いました。
狩猟期間中は、スコープをレンズ径32mm、4倍の取り回しの良いコンパクトなものを使っていました。
狩猟期間が終わったので、射撃用のレンズ径40mm、10倍の大き目のスコープに換装しました。
スコープを取り替えると、照準が狂うので調整を行います。
エースハンターを3回ポンプして10m先の標的を狙ったところに弾が当たるようにしました。

3月19日笠間射撃場で、レミントン870でサボットスラッグ弾を撃ちに行きます。その合間にエースハンターで50mの静的射撃も行う予定です。

コメント

  1. kent より:

    6ヶ月も経って「今回だけ特別に」気に喰わないですね。入荷した時点で気が付いて、間違えましたので至急正規品を手配します。と言うのが普通ではないでしょうか? 送料だって10ポンド(約1600円)くらいしかしないはず。これで信用をなくしてはね。
    発注仕様と入荷品のチェックを全くしていないのですね。
    エースハンターのスコープはそんなに低い倍率の物を使われていたのですね。
    雉ゲットとはさすがです。

  2. 鉄砲夢物語 より:

    やはり右から左のほうが集弾性がいいんですね。
    以前、関東RS射撃教室で動的の練習会をしたとき、全員のデーターを取ったのですが平均して右から左のほうが点数はよかったでした。
    いずれ機会を見てM870倶楽部でも動的の練習会を千葉県ライフル射撃場(古敷谷)で開催しますのでぜひご参加下さい。

  3. zeke より:

    > kentさん
    低倍率のコンパクトなスコープは、エースハンターに似合って、取り回しが良いので、愛用していました。30m程度の獲物しか狙わなかったので、十分です。

  4. zeke より:

    > 鉄砲夢物語さん
    自分の場合、左右の集弾性は、時によってまちまちです。先週は左のほうが良かったり、スローとファーストで変わったりとか。
    スタンスの違いかなとも思っています。