スーパーカブにGcraftのシフトガイドを取り付ける

オートバイメンテナンス

9月11日土曜日、スーパーカブのプチカスタムとメンテナンスを行いました。

今回はそのレポートです。

Gcraftのシフトガイド

スーパーカブのギアチェンジのペダルは、エンジンから長いシャフトについています。

ベダル操作をするとシャフトがしなって、回転方向の力が分散されて、うまくギアチェンジできないことがあるとか。

Gcraftのシフトガイド は長いシャフトに支えを追加して、しならないようにするためのパーツです。

Gクラフト (Gcraft) シフトガイド(横ガッチリくん) 32108
ジークラフト(Gcraft)
¥7,857(2021/09/14 01:18時点)
材質:アルミ

スーパーカブの種類に合わせたものを購入しないといけないようです。

自分のスーパーカブ プロ 110(JA42)はクロスカブ 110(JA45),スーパーカブ 110(JA44)と同じエンジンなので、

こちらの商品を購入しました。

取り付け手順としては

  1. チェンジペダルを外す
  2. ステップバーを外す
  3. エンジンのボルト3本を外す
  4. シフトガイドを取り付けて、付属のボルト3本で締める
  5. ステップバーをつける
  6. チェンジペダルをつける

となります。

上の写真は、チェンジペダルとステップバーボルトを外したところです。

ピンぼけになっていますが、エンジンからシャフトが長く伸びているのがわかるでしょうか?

こちらが、シフトガイドを取り付けたところです。

エンジンボルトを締めてシフトガイドを固定すれば、シャフトがしならないことが期待できます。

取り付けたあと、ちょこっと走ってみたのですが、落ち着いてギアチェンジするのであれば、あってもなくてもそれほど変わらないのかなぁという気がします。

長距離を走って疲れた来た頃になると「あれっ!ギアがうまく入らない」ということがあるので、そのときどうなるのかもう少し検証が必要かなと思います。

チェーンとタイヤの空気圧の点検

プチカスタムのついでに日常点検を行いました。

今回は1000キロ走行ごとに行っているチェーンとタイヤの空気圧の点検です。

チェーンカバーを外して、チェーンの清掃、伸びのチェック、注油を行いました。

チェーンオイルにはAZのMOc-001を使っています。

これは柔らかいオイルなので、雨に当たるとすぐ流れてしまうのですが、チェーンカバーのおかげで1000キロ走行後もしっとりと油分が残っていました。

チェーンはEKの428SRの強化ノンシールチェーンを使っています。

強化型のためか、張り替えてからの2回目の点検ですが、チェーンの伸びはありませんでした。

最後にタイヤの空気圧チェックです。

自転車の空気入れでとりあえず空気圧を上げて、エアゲージで測ります。

エアゲージの減圧ボタンを押して空気を抜きながら計測し、規定値に調整しました。

以上で完了です!

天気予報では午後から雨模様だったのに、晴れてしまい大汗をかきながらの整備でした。

コメント