スコープ換装

こちらの日記でも書きましたが、今まで使っていたスコープが壊れました。
射撃練習
そこで新しく購入したスコープに換装します。
今まで使っていたスコープはこれです
http://www.bushnell.com/products/scopes/riflescopes/banner/711436/
1.75倍~4倍の可変倍率で、アイリリーフ(接眼レンズから目までの距離)が6インチ、50ヤード地点でパララックスフリーの仕様です。(写真上)
新しく買ったのはこれで
http://www.bushnell.com/products/scopes/riflescopes/banner/713947/
3倍~9倍の可変倍率以外は同じ仕様です。(写真下、取り付け済み)
どちらもブッシュネルの安いスコープですが、これを選んだのは理由があります。
1.自分の行うランニングターゲット競技は50m先の標的しか狙いません。50ヤードでパララックスフリーだと、少々構えがずれてスコープを斜めから覗いても、ちゃんと当たるはずです。
2.カンチレバーつき銃身にスコープを載せると、スコープが目から離れてしまいます。普通アイリリーフは4~5インチなのですが、それでは足りません。できるだけ長い6インチのものにしました。
まず、今までついていたスコープをはずす前に、写真2枚目のようにボアサイターを使って、狙点がどこにあるかを調べておきます。
自分の使っているボアサイターは、写真3のように赤く光っているとことをスコープ越しに見て、そこに書かれているメモリを読んでどの位置に狙点があるかがわかります。
次に、スコープを換装します。スコープリングのねじの締め付けにはトルクレンチを使って、締め付ける力を一定にします。
自分はこれを使っています。
http://www.brownells.com/.aspx/pid=23322/Product/SCOPE-RING-TORQUE-WRENCH
新しいスコープを取り付けたら、ボアサイターを使って前のスコープと同じ位置になるように狙点を調整します。
今までは4倍を使って撃っていましたが、今度は9倍まで調整できます。これで当たるようになったらいいなぁ。

コメント