奥多摩湖キャンプツーリング

更新をサボっていました。
10月9日から10日に奥多摩湖へキャンプツーリングをしてきたので、そのときのレポートです。
ルートはこちら
(地図をクリックすると詳細なルートを表示します)
いきなり、奥多摩に到着です。国道463号線は工事渋滞が多くて疲れました。
この小河内ダムの水と緑のふれあい館で売っているカツカレーが良いと聞いていたので、お腹をすかして昼食を食べようとしたら、水曜日は定休日でした。ショックです。
今回、この奥多摩に来たのは、奥多摩周遊道路にバイクのマンガ「ばくおん」のキャラクタの看板を立てたと聞いたので、それを見に来ました。
早速、ダムの管理事務所に張ってあるポスターを見つけました。
ここから奥多摩周遊道路に向かいます。
途中で、食べ損なったお昼を
のんきやさんで手打ちラーメンを食べました。
手打ちうどんとか、手打ちそばならよくありますが、ラーメンは珍しいと思います。
麺が、いびつだったので、確かに手打ちですね。味は普通かな?
奥多摩周遊道路を走ります。途中で看板を見つけました。
このタイプは他に2枚ありました。
駐車場には目立つ看板もありました。
今夜のキャンプ地は奥多摩周遊道路の途中にある山のふるさと村キャンプ場です。
人気のあるキャンプ場で、土曜日は予約がいっぱいです。今回は平日だったので、当日予約でもOKでした。
テント持ち込みは自分1人だけだったようです。
利用料金200円を払ってテントを張ります。
このキャンプ場は、トイレ、炊事場だけでなく、ゴミは捨てられるし、炊事場には洗剤たわしが備え付けてあるしで、とても値段に対して設備が充実しています。予約でいっぱいなのも、うなづけます。
テントからの眺めです。眺望が良かったです。夜は星がよく見えました。
翌日は、大菩薩ラインを通って、山梨県塩山まで出ます。
そこから、雁坂みちを走って秩父に向かいます。
雁坂みちの途中にある道の駅「まきおか」と「みとみ」でスタンプgetです。山梨や長野は遠いので、なかなかスタンプが集まりません。
雁坂トンネルを抜けると、埼玉県秩父です。今回は国道140号の旧道の方を通って見ました。
細い山道の中、集落がいくつかあります。
ここは、栃本関所跡付近です。
道の駅 大滝温泉近くにこんな食堂が立っていました。
「バイク弁当」だそうです。お昼に買おうとしましたが、木曜日は定休日だそうです。
残念、またお昼を買い損ねました。
しかたなく道の駅 両神温泉の蕎麦屋さんに入ります。
ミニカツどんセットが900円とちょっと高めでしたが、手打ちそばでおいしかったです。この道の駅では温泉しかチェックしていませんでしたが、そばもいけました。
食事の後、温泉に入って、帰宅しました。

コメント