バイクのメンテナンス

4月2日に車検に出していたバイクを引き取ってきました。
車検のときに、ブレーキフルードと冷却水を交換してもらいました。
そのとき、バッテリーも交換時期だとアドバイスをいただいたので、こちらは自分で交換することにしました。

モノタロウで台湾ユアサのSteed用バッテリーを購入しました。

Steedのバッテリーは横から取り出すようになっていて、まず左側からマイナス端子のねじをはずします。

次に右側から、バッテリーを押さえている蓋を取り外してから、プラス端子をはずして、横から抜き取ります。

右の古いバッテリーはGSユアサのバッテリーでした。

逆の手順で、新しいバッテリーを取り付けます。

今年のゴールデンウィークは北海道に行く予定なので、ちゃんと整備をしておきます。

コメント

  1. kent より:

    原チャリは台湾製の安いバッテリーを使っています。 遠距離は乗らないのでチャージしたのかわからないです。 セルが回らなくなったので交換しましたが、交換電池を充電したら復帰しました。 これは電気ショッカーの電源で使うつもりですが、猪、鹿の止めは郷里でも2-3度あるかないかでしょうね。出力は確認済みだが実戦では未使用です。

  2. kunio より:

    北海道ですか。楽しみですね。

  3. zeke より:

    > kentさん
    電気ショッカーなんてあるんですね。自分の古いバッテリーはなじみのバイク屋さんに引き取ってもらおうと思っています。

  4. zeke より:

    > kunioさん
    フェリーの予約が不安でしたが、何とか取れました。今は北海道のどこを廻ろうか考えています。