スーパーカブのメンテナンス

8月12日月曜日、お墓参りをしたあとにスーパーカブのメンテナンスを行いました。

まずは、エンジンオイルとエンジンオイルフィルタの交換です。エンジンオイルは3000キロごと、エンジンオイルフィルタは12000キロごとに交換しています。

ドレインボルトをはすして、オイル処理パック(前回自動車のオイル交換のときに使ったもの)にオイルを捨てて、新しいフィルタとドレインボルトを装着、新しいエンジンオイル(amazonで安かったのでホンダ ウルトラG2を使ってます)を規定量入れて、完了です。

次に、チェーンの張り調整です。チェーンは1500キロごとにチェック。前回調整してから3000キロでたるみが45mmになってしまったので調整します。

純正のチェーンは伸びやすく、去年伸びたチェーンのためにタイアがロックする事があったので、DID製の強化チェーンに変えています。耐久力は純正の4倍だったかな?

アクスルシャフトを緩めて、リアタイアをちょっと後ろに移動、チェーンのたるみを20mmにしておきました。

その後チェーンの清掃して注油、チェーンカバーを取り付けました。チェーンカバーは雨やホコリを防いでくれるので、ノンシールチェーンのカブでは重要なパーツです。写真は清掃前のチェーンですがあまり汚れていないことがわかると思います。 チェーンカバーは上下の噛合をちゃんとしようとすると、手間取ります。

その後、前後タイアの空気圧をチェックしてメンテナンス完了です。エンジンオイルを交換してギアチェンジがなめらかに、チェーンを調整してエンジンのトルクが上がりました!

炎天下の作業だったので、汗が滴り落ちてエンジンオイルに混ざってしまわないかと気を使いました。休み休み行ったので、2時間かかってしまいましたね。

コメント