スモールボアライフルの初撃ちに行ってきました!おまけにリロードサボット弾の試射

スモールボアライフル(アンシュッツ マッチ54)の試射

4月24日金曜日、所持許可が降りたスモールボアライフルの初撃ちに、ニッコー栃木射撃場に行ってきました。

ポジション競技では、レンズの付いていない照準器を使いますが、ランニングターゲット競技ではスコープを使うので、まずは、スコープを付けた状態でゼロインを行います。

スラッグ用標的紙を裏返して、スコープから弾痕が確認できるようにしておきます。

まず1射目、・・・弾痕不明。

LeopuldのZero Pointボアサイターで合わせようとしましたが、電池が切れていて目盛りがよく見えませんでした。

仕方がないので、ボルトを抜いて、銃腔から標的を覗いて、その状態で、スコープを合わせます。これで少なくとも的のどこかに当たるはず!

2~6射目、狙ったところから、右下にまとまって当たりました!良かった。

今回は、銃が重く、スコープのノブを動かしても、銃がずれる心配がなかったので、以下のようにスコープを合わせました。

  1. スコープを覗いて、レティクルを狙ったところ(黒点のシール)に合わせます。
  2. 銃を固定したまま、スコープのノブを回して、レティクルが弾痕の中心に来るように合わせます。

これで、ゼロイン完了です!

9発を黒点シールを狙って撃つと狙い通りに当たります。

ちょっと下に当たっていたので、2クリック上に上げて10発を左上の黒点シールを狙って撃ってみます。

直径1インチの黒点の中にバッチリ入りました!

スモールボアのアンシュッツ マッチ54の精度に問題はないことが確認できたので、終了です。

このあと、銃床を右専用から、左でも撃てるように交換をする予定です。練習するのは銃床交換後ですね。

サボット弾の試射

続いて、ハンドロードしたサボット弾を撃ってきました。

今回のテーマは、「リロードしてから寝かせた弾は、精度が良くなるのか?」です。

  • 去年の10月にハンドロードした弾 10発
  • 今年の2月にハンドロードした弾 10発
  • 昨日ハンドロードした弾 10発

を撃ち比べて見ました!

結論から書くと、自分の弾と腕では違いがわかりませんでした!

以下に標的を載せますが、条件は

  • 弾頭 LYMAN 12GA Sabot 525gr(2654112)
  • 火薬 Universal 27.0gr
  • 薬莢 WinAA
  • 雷管 FEDERAL 209A

となります。

前回撃った弾に比べると、バラけてしまうので、やる気を無くしてしまいました。

Lyman弾頭は、LONGSHOT火薬での薬量と弾速を関係を調べたら、終了ですね。

Kindle Unlimited入会で無料で読めます!

コメント