米amazonから購入したものと、Twitter仲間との射撃会

アメリカから届いたもの

先月注文していた射撃用品が、アメリカのamazonから届きました!

一つ目は、携帯型の銃の置き台です。

このように組み立てて、銃を乗せ、銃身の掃除に使います。分解すればコンパクトにバックの中に入れておけます。

今までは、銃身掃除には依託射撃用のガンレストを使っていましたが、ゼロインをしないでスモールボアライフルでランニングターゲットの練習をする場合、ガンレストの持っていくのは重いので、軽いものを買ってみました。

Hoppe 's no。9クリーニングCradle
Hoppe's
¥18,786(2020/08/29 01:01時点)
分解を容易にするための、旅行先でも大活躍

二つ目は、イヤーマフのカバーです。

このように、イヤーマフのヘッドバンドに巻いて使用します。

本来は、頭に当たる部分のクッションのためのものですが、ヘッドバンドに書かれていたメーカーのロゴを隠すために買って見ました。

三つ目、四つ目は、スモールボアライフルの薬室に弾が入っていないことを周囲にアピールするセイフティフラッグです。

ちょうどよいリボンがあったので、それと組み合わせて使います。

チャンバーセイフティツールに穴を開けて、リボンを結合します。使うときは3枚目の写真のように薬室を開放したとことにセイフティツールを差し込みます。

4枚目の写真はすでに持っている12ゲージのショットガン用のチャンバーツールに新しいリボンをつけたところです。

Rotary13B1 キーホルダー EMPTY CHAMBER 5個
Rotary13B1
¥3,844(2020/08/29 01:01時点)
デザイン: EMPTY CHAMBER - 両面にデザイン。

Remove Before Firing - キーチェーン - レッド/ホワイト - 5個セット by Rotary13B1
Rotary13B1
¥4,238(2020/08/29 01:01時点)
デザイン:Remove Before Firing、両面にデザインがついています

TAPCOのチャンバーセイフティツールは使っている人も多いので、このようにリボンをつけておけば取り違えることもありません。

Twitterの仲間とポンプ銃のクレー射撃大会

8月16日日曜日、Twitterの射撃仲間のクレー射撃大会が開催されたので参加してきました。

場所は、京葉射撃倶楽部です。

この射撃場は、2010年の千葉国体のときに選手の応援に来たことがありますが、そのときはシャトルバスで送ってもらったので、道順を覚えておらず、ちょっと迷ってしまいました!

この日は、ポンプ銃でのクレー射撃大会だったので、自分はレミントン M870での参戦です!

写真の手前が自分の870、奥は別の参加者の870です。珍しい870が2挺並びました!どこが変わっているかわかるかな?

東京マルイ M870 タクティカル 18歳以上 ガスショットガン
東京マルイ(TOKYO MARUI)
¥29,153(2020/08/29 01:01時点)
本体サイズ :全長 954 mm、重量 2 680 g (空マガジン、ガスタンク含む)

クレー放出機の癖について

大会は10mトラップ射撃を50標的、スキート射撃を50標的で当たった数で競います。

まずは、トラップ射撃からはじめましたが、クレーの飛び方を見てみると、あれれ?何かやな予感がします。

ネットで調べてみると京葉射撃倶楽部のクレー放出機はナスタ社製だそうです。

クレー放出機を作っているメーカは、ナスタ、マタレリー、ラポルテ、あと国産のタナカがあります。

自分のホームグラウンドである百穴射撃場、ニッコー栃木射撃場のクレー放出機のメーカはマタレリーです。撃ちなれているせいもあると思いますが、クレーが放出されたら徐々に減速する素直な軌道を描きます。

ところが、ナスタのクレー放出機は、クレーの初速は速いのですが、すぐに失速する特徴があります。

いつものように、クレーが飛び出した速度にあわせて銃を振り出すと、すぐにクレーに追いついてしまい弾を撃つときには銃が止まっていて、クレーに当たらない(クレーの後ろを撃っている)ということになってしまいます。

特に、今回は870で銃身長20インチの短く軽いものを使っていたので、銃の振りだしを押さえることができませんでした。

ちなみに、他にナスタのクレー放出機を使っている射撃場は、成田、筑波、ぐんまジャイアントがあり、自分の中では要注意射撃場です。

イタリア製 テラコッタ鉢 ピアット(素焼き受皿) 25cm(内底面φ21.5cm) 植木鉢用
Life-Eco
¥660(2020/08/29 01:03時点)
サイズ:φ26(21.5)×H4.3cm  ( )内は底面の寸法です。

大会の結果は?

次にスキート射撃50枚を撃ったのですが、こちらはクレー放出機にかかわらず、1ラウンド6枚しか当たりませんでした。

スキート射撃は射台ごとに狙うところ(リード)を変えなければいけませんが、どこを狙ったらよいのかいつまでたっても覚えられません。

そんなわけで、成績は中の下でしたが、みんなで持ち寄った賞品をいただくことができました。

自分が、貰ったのは日本酒です!美味しくいただいています!

Kindle Unlimited入会で無料で読めます!

コメント