SBの練習と弾速を測って新しい火薬のスラッグ弾の試射

8月22日土曜日、午後からニッコー栃木綜合射撃場にスモールボアライフルの練習と、スラッグ弾の試射に行ってきました!

スモールボアライフルのサイト合わせと練習

まずは、スモールボアライフルの練習です。

スラッグ弾の反動は強烈なので、こちらを先に撃つとフリンチングが出る恐れがあります!なので、スモールボアライフルが先です。

リコイルパッドに張ってある養生テープは、挙銃をするときのすべりを良くするためです。前回のランニングターゲット練習会で使ったときに張りました。

まずはサイト合わせです。3発撃ってみたら、的紙に入らず弾痕不明(8倍スコープだと、白いところに当たった弾痕は見えにくいのです)標的をおろして確認すると、①に当たっていました。

「弾痕は中心から左に6インチぐらいかな」とスコープのウィンテージを右に48クリック。

次の3発は②のように右に1インチだったので、左に8クリック。

最後の3発は③に当たりました。

次に、立射の練習です。11発撃ってみました。いままで「この位置で引き金を引いたはずなのに、ぜんぜん別の場所に当たってる!」という感覚でした。少しはスモールボアライフルに慣れたのか、今回は引き金を引いた位置に当たっているような気がしました。

弾速測定の準備

今回は、スラッグ弾に新しい火薬(LONGSHOT)を使うので、弾速も測ることにしました。

自分の使っている弾速計は光センサーを使うタイプなので、スラッグ弾のマズルブラストの影響を避けるため、銃口から3m離さなくてはなりません。

弾速計を3m離した位置に置こうとすると、銃口の延長線上にあるのかわからないのですよね。

そこで、

銃身に、レーザーポインターを取り付けて、

標的に照射します。写真では良くわかりませんが、スコープで覗くと標的の真ん中に緑のレーザーで光っているのが確認できました。

(日光の当たる場所でもポインターがわかるように、ちょっと強力なものを使っています。このためにしか使えません)

レーザーで、弾道がわかったら弾速計を設置します。

自分の使っている弾速計は、Competition Electronics社のProChrono Digitalです。

前後の光センサーの上にレーザーが通っているのか、手でかざして確認しながら設置します。

以前は、弾道が光センサーに近いほうがよいのではないかと思って低くしていましたが、いろいろ計測してみると、光センサーから20~30センチほど離したほうが良いことがわかりました。

ProChrono DigitalにBletoothアダプタをつけているので、弾速データをスマホにインストールしたアプリに飛ばせます。計測するごとに

このようにスマホで画面表示と音声で弾速を教えてくれます。計測中に弾が当たって弾速計が壊れてもそれまでのデータは残ります!

スラッグ弾の試射の結果(弾速)

今回試射したスラッグ弾は

この記事で作成したPARADOX 12GA弾頭にLONGSHOT火薬でリロードしたものです。

薬量は27gr~33grとなります。薬きょうはWinAAを使いましたが33grだけ足りなくなったのでGBの薬きょうを使いました。

まずは、弾速の結果から

薬量27gr,29gr,31gr,33grの弾速の平均値を求めてグラフ化しました。今までのデータから、薬量と弾速は比例することがわかっているので、赤い線で近似値を引いています。

ちなみに、クレー射撃で使う散弾実包は1350fps、高速なサボット弾は1500fpsぐらいですね。

燃焼速度が遅いLONGSHOT火薬は、たくさん詰めることによって圧力を上げすぎずに、弾速を上げることができます。できれば30gr以上入れたいところです。

ただし、33grで試射した際、薬きょうが張り付いたり、雷管が浮いたりしたので、限界近い感じです。GB薬きょうでの問題なのかもしれないので、WinAA薬きょうで試してみたいところです。

スラッグ弾の試射の結果(集弾)

試射した順番は、27gr 5発→29gr 5発→31gr 5発→33gr 5発→27gr 5発・・・です。

最初の29gr 5発を撃った後、弾痕が右によっていたので、サイト調整を行い弾痕が左に2.5インチに来るようにしました。

Birchwood Casey Dirty Bird 8インチ マルチカラー ブルズアイターゲット (20個パック)
Birchwood Casey
¥3,947(2020/08/28 22:07時点)
ショットを簡単に見つけることができます。 「マルチカラー」スプラッターは優れたダウンレンジコントラストを提供します。

29gr 2回目は4発ワンホールになっていますが、1回目の結果を見ると、たまたま4発まとまっただけのようです。

また、33grはGB薬きょうとの相性が悪い(ガスシールが緩々だったのでテープで巻いたから?)ため、ばらけたと思います。

Universal火薬を使ったスラッグ弾の結果と比較してみると

今回はよくありません。

LONGSHOT火薬の薬量を30gr以上にして、もう一度試してみようかな?

Kindle Unlimited入会で無料で読めます!

コメント