出石皿そば、城崎温泉ツーリング

3月17日日曜日に城崎温泉に行ってきました。前日の大阪モーターサイクルショーで城崎温泉の観光パンフレットをもらい、行ってみたくなったからです。
ルートはこちら、
中国自動車道から、舞鶴若狭自動車道に入ります。春日ICから国道で、城崎温泉を目指します。
途中、国道429号線で榎峠を通りましたが、いきなり農道のようになり、
峠では杉林のすれ違い困難な道です。
短熊に到着です。
ここは卵かけご飯専門店で、卵かけご飯のブームの元になったお店だそうです。
一度食べてみたいと思って、入ってみたら2時間待ちだそうです。このときの時刻が午後2時なので、午後4時までお昼ご飯にありつけないことになります。
卵かけご飯にそれまで待てません。ツーリングもここで終了になってしまうし。
お店の人に断って、出石にそばを食べに行くことにしました。
出石(いずし)に到着です。お祭りなのか人が多いです。
ここには50件ぐらいお蕎麦屋さんがあります。
混んでいるかもと危惧しましたが、待ち時間なしでは入れました。
頼んだのは、出石の名物皿そばです。
小さいお皿に、一口分のお蕎麦が盛られています。お蕎麦は追加できますが、1皿120円はちょっと高いと思います。
このお店の座敷から、街のシンボルである時計台(辰鼓楼)が眺められました。
ここからまっすぐ、城崎温泉へ向かいました。
大きな温泉街で日帰りできる温泉を探すのは面倒です。どの宿で日帰り入浴できるのかとか、たくさんある宿のうちどれを選ぶのかとか。
城崎温泉では外湯と呼ばれる公衆浴場が7箇所あり、値段もリーズナブルなので、その中の一の湯に入ることにしました。
受付で入浴料を払おうとすると、1箇所600円のところ、7箇所入れる1日券が1000円だそうです。
しばらく考えましたが、フリーパスを買ってしまいました。
2箇所目は御所の湯です。
宿に宿泊している人も、外湯のフリーパスを持っているようで、皆さん外湯めぐりをしています。
小さい浴場は結構混んでいます。
3箇所目はまんだら湯です。
ここで力尽きました。体が火照ってしまいました。連続で入るのは無理のようです。
ここを午後6時前に出発。大阪までは3時間です。途中、雨がぱらつきましたが、予定通り午後9時に無事帰宅しました。

コメント