城崎・大山・出雲大社ツーリング 1日目

遅くなってしまいましたが、4月13日~14日のツーリングレポートです。
1日目のルートはこちら
今回は、仕事場でのツーリング仲間と城崎まで一緒に行きます。
朝起きて準備をしていたら、地震が起こりました。震度3ぐらいかな。大阪に来て初めて大きな地震です。
震源は淡路島でした。
午前7時30分に中国自動車道の西宮名塩SAで待ち合わせです。
そこから高速道路で、城崎温泉に向かいます。
途中の道の駅 あおがきで休憩です。
ここから、一般道を走りましたが、道を間違えて1時間のロス!でも何とか城崎温泉に到着です。
最初に鴻の湯に入湯です。
城崎温泉は公共の外湯が7箇所あり、日帰り温泉として誰でも入れます。
料金は1箇所当たり600円~800円なのですが、7箇所すべてに使える1日券が1000円で販売されています。
今回もそれを購入しましたが、チケットではなくICカードに記録されるものにしてみました。
手持ちのICカード(スイカやピタパ)に購入記録を書き込むと、番台の機械にそれをかざすだけで入湯できます。
歴史ある温泉街に似つかわしくない進んだサービスです。
ちょうどお昼の12時に入りましたが、他にほとんど人がいません。前回来たときは午後4時ごろで人があふれんばかりだったのに、雲泥の差です。
ほとんどか仕切り状態で、ゆっくりお湯を楽しめました。
食事は、城崎温泉駅前の「おけしょう鮮魚 海中苑」です。
食べたのは海鮮丼の定食です。
豪華なセットでした。
その後に入った温泉は、
駅前のさとの湯と
地蔵湯です。
泉源は共通ですが、それそれ趣向が凝らされていておかったです。しかもこの時間帯は、どこの温泉も人が少なく快適に入れました。
温泉街の中に川が流れていて、伊豆の修善寺と同じような雰囲気のところです。
ここで、一緒に来てたツーリング仲間と別れてソロでさらに西へ向かいます。
城崎から、日本海側の海岸線を走って西へ行くと餘部に着きました。
鉄橋からコンクリート橋になりましたが、慰霊碑はまだ残っています。
ここから、国道178号線から林道に入って海岸線を走ります。
余部埼灯台は日本で最も高いところにある灯台だそうです。
さらに西へ進み、いい加減飽きたところに、鳥取砂丘に到着です。
思ったより小さいという印象を持ちました。砂がたくさんある砂浜?
視界をさえぎるものや大きさを比較するものがないので、そう思ったのかも。
遠そうだったので、海まで歩く気にはなりませんでした。
ここから、山陰道をひた走り、鳥取県から島根県に向かいます。
途中、夕方になったので、夕日をパチり。
午後8時ごろ米子駅前の宿に着きました。
この日の宿は「ビジネスイン・よなご」です。シングル1泊2500円です!
個室は3畳ぐらいかな?ベッドひとつでいっぱいです。トイレと風呂は共同です。それにしても安いです。
宿屋の主人も心得たもので、近くのイオンの半額割引セールを教えてくれます。早く行かないと良いものがなくなってしまうからとチェックインも後回しです。
素直にそれに従い、半額で酒のつまみと、ゲゲゲの鬼太郎の日本酒を買って来ました。
今夜はこれを飲んでお休みです。
2日目に続く

コメント