アニ玉祭

この前の土曜日(10月11日)に、大宮のソニックシティまで、アニ玉祭(アニメ・マンガまつりin埼玉)を見に行ってきました。

今年は2回目。1回目は参加できなかったので、今回は楽しみにしていました。

埼玉県には、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の秩父市、「らき☆すた」の久喜市鷲宮町、「神様はじめました」の川越市、「ヤマノススメ」の飯能市など、アニメの舞台になった町があります。
その、聖地の紹介がメインらしいです。

この聖地の中で、「ヤマノススメ」の飯能市にはまだ行っていないので、その情報集めが今回の目的です。

ソニックシティ前の公園では、痛車が展示されていました。

その中には「らき☆すた」の痛車と

「ヤマノススメ」のラッピングバスが展示されていました。

ラッピングバスは外側だけでなく、内装も凝っています。

このバスは、実際に飯能市内で運行されているそうです。

「ヤマノススメ」の聖地マップもゲットできました。

このアニメは、インドア派の女の子が、幼馴染に強引に山登りに誘われていくうちに、山の楽しさに目覚めていくという内容のお話です。面白いので、楽しみにして、みています。

ソニックシティ内の会場には、他県の町の聖地も紹介されていました。

「あの夏で待っている」は見ているので、一度機会があればいくかも。

「恋旅」は前編がネットで無料公開されていて、後編は現地に行ってスマホで視聴するという形式です。現地に行ってまで見ようと思わないかも。スマホもっていないし。

一番びっくりしたのが、テレビ埼玉のブースでチラシを配っていたローカルアニメです。

浦和を舞台にした萌えアニメです。あざとくなりそうで、怖いです。
一応、全話視聴予定です。

コメント