今日のプチツー

今年から、首都高速道路の料金体系が変わり、定額制から距離制になりました。
いままで、東京線、埼玉線とそれぞれ別料金を取られていたため、首都高を使うときは、地元でありながら埼玉線を使うのを避けていました。
ところが距離制になって最寄の出入口を使っても上限900円で利用できるということで考慮の対象になります。
今回は、首都高を目いっぱい使ってオートバイで走ってきました。
ルートはこちら
http://drive.yahoo.co.jp/map/RTi8k8YznWOJCofJMYUQ–/detail
まず、最寄の「さいたま見沼」から入り、「大黒PA」によって「新都心西」で出ます。
今までだと
埼玉線400円+東京線700円+神奈川線600円+東京線700円+埼玉線400円=2800円
ですが、今年からは
4.1km 500円
のはずです。(オートバイにもETCをつけています)わざと大回りしたといわれても、最大900円を超えないですよねぇ。
また首都高のPAはいくつかあるけど、どこも狭いし加速レーンが短いしで、自動車に乗っているときには利用したことがありませんでした。
今回はできるだけPAにも寄ってみます。
まずは「さいたま見沼」から首都高に入ります。この出入り口はほとんど使われていないのに、今日は入っていく車が多いです。距離制の効果が出ているのかな?
埼玉線から池袋線に入ります。いきなり「志村PA」を見逃しました。PAに気づいたときにはもう入れませんでした。
仕方なく次の「南池袋PA」に入ります。ここは狭いです。本線に合流するときに一時停止があってとても自動車じゃ利用する気になりません。
次にC1に入って銀座経由、レインボーブリッジを渡って湾岸線に入って「大井PA」に到着です。写真のバイクはここで撮ったものです。二輪の駐車スペースはいつも空いているから良いです。
湾岸線から、つばさ橋を渡って「大黒PA」に到着です。ここの駐車場は広いですが、いつも混んでますねぇ。
ここから、横浜方面に向かうつもりが間違って大黒線に入ってしまい、横羽線を東京方面に向かうことになってしまいました。引き返す方法がわからないので、横浜方面はあきらめて次の目的地「箱崎PA」に向かいます。
「箱崎PA」は「箱崎出口」の看板にしたがって行くとたどり着けるという謎なPAです。最初、向島線から入ろうとしたところ、間違えて再び向島線に乗ってしまいました。あきらめようかと思いましたが、がんばってC2から池袋線、C1経由して再アプローチです。2回目は間違えずに「箱崎PA」にたどり着きました。
写真のように首都高の下に箱崎ロータリーがあり、その中にPAがあります。複雑でよくわからないです。
帰りは、渋滞を避けてC1を大回りして、埼玉へ向かいます。「新都心西」で首都高を降り、地元の日帰り温泉で冷えた体を温めます。
オートバイのETC車載器はしゃべらないので、料金がいくらだったかわかりません。後で調べておこうっと。

コメント