広告
広告

東北ツーリング 3日目

オートバイツーリング
東北ツーリング 3日目(9月21日土曜日)の朝です。
この日は曇っていて、雨が降りそうです。
そうなる前にテントを片づけ撤収です。
この日のルートはこちら
キャンプ場から海岸へ下り、海岸線を本州最北端 大間崎へ向かいます。
本州最南端 潮岬、本州最西端 毘沙ノ鼻はすでに行っているので、残りは本州最東端 とどヶ崎です。
ここはマグロが有名でこんなモニュメントもあります。
しかし、着いたのが朝早かったため、食事ができるようなお店は一軒も開いていませんでした。
大間フェリーターミナルにも寄ってみました。
ここが一番北海道に近いフェリー乗り場です。
下北半島 西岸にある仏ヶ浦です。
海岸の奇岩が仏様のように見えます。
斧の形をした下北半島の刃にあたる西岸は山道が多く、ほとんど交通がないので楽しく走れました。
下北半島の太平洋側を南に下ります。
途中六ヶ所村に原燃PRセンターがあったので休憩します。
この日は土曜日でしたが、見学者は自分だけでした。センターの中から核燃料の再処理工場が見えます。
太平洋岸を八戸、久慈に向かいます。
久慈市の北侍浜キャンプ場に到着です。
ここは三陸の太平洋側の海岸ですが、高いところにあるため震災の被害を免れたそうです。
スノコの上にテントを張れるようになっています。
ペグを打てないので、スノコに刺さっている留め金に張り綱を結びます。
留め金の位置は、自分のテントにあっていないので、満足に張れません。次回このような状況のために、余分なロープを持っていくことにします。
北侍浜には、NHKドラマの「あまちゃん」で出てきた海水プールがあります。
海水浴の季節が終わったので、水は抜かれていました。
夕食の買出しと、「あまちゃん」の聖地巡礼のため、久慈駅前に移動です。
まずは三陸鉄道の久地駅前。
中に観光案内所があり、「あまちゃん」の聖地巡礼マップをgetです。
久慈駅はJRの駅も隣にあり、ターミナル駅になっています。ドラマより大きな町の印象でした。
駅前のデパート。
駅前の噴水。
この日は久慈のお祭りで、法被を着た人がたくさんいました。ドラマにも出てきた山車も通るそうですが、時間がないので、パスしました。
その代わり、屋台で売っていた郷土料理のまめぶ汁を食べてみます。
けんちん汁に似ていますが、具のひとつに、くるみと黒砂糖を餅で包んだものがあります。ちょっと甘くておいしかったです。
お風呂は北侍浜近くにある侍の湯 きのこ屋です。
道端の案内板に誘われて入りましたが、さびしいところなので、小さな民宿を予想していましたが、立派なホテルだったのでびっくりです。
夕食は駅前のスーパーで買った地酒とおつまみです。
何とか雨は降らなかったので、外のテーブル席で食べることができました。
いつものように午後9時就寝です。

コメント